卒業・修了後動向調査にご協力をお願いします


 同窓生の皆さまお元気でしょうか。山本です。
本学は今年で開学24年目となり、卒業生・修了生が2,000人を超えました!(私もすっかり年を取りました、種本先生も)。
本学を卒業した皆さまは、全国いろいろな場所で活躍していることと思います。
そこで、本学の「将来構想チーム」にて「日本赤十字北海道看護大学卒業・修了後動向調査」を実施することとなりました。皆さんがどのようなキャリアを積んでいるのか教えて下さい。結果をこれからの本学の教育に役立てていきます。
現在、同窓会やの道内の赤十字病院の看護部長さんの協力を得て、調査を進めています。
まだ回答していない方、このHPで調査のことを知った方、ぜひ調査へのご協力をお願いします。回答方法はGoogleフォームによるアンケートです。下記のQRコードを読み取り調査にご参加下さい。

そして、大学に近況報告に来て下さい。お待ちしております。

将来構想チーム
チーム長 山本美紀

日本赤十字北海道看護大学卒業・修了後動向調査のお願い

拝啓 
時下、益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
このたび、本学卒業・修了後のキャリア発達の現状とその特徴を把握するため、動向調査を行うことになりました。ご多忙中誠に恐縮ですが、下記の概要をお読みいただき、趣旨をご理解の上ご協力をいただけますようお願い申し上げます。

1.目的:日本赤十字北海道看護大学の卒業・修了後のキャリア発達の現状とその特徴を把握し、今後の本学の発展に寄与する

2.対象者:日本赤十字北海道看護大学同窓生

3.方法:Googleフォームによるアンケート
調査にご協力いただける際は、
右のQRコードを読み取りご参加ください。


調査用QRコード

4.期間:令和4年7月12日~9月末日

5.その他:調査への参加は自由意思によるものであり、参加しない場合でも何ら不利益を被ることはありません。
この調査に参加するにあたり、Googleアカウントは不要です。調査に参加しても、メールアドレスの収集は行わず、回答者の個人情報の特定、取得をすることはありません。
この調査は、無記名であり、回答をもって調査に同意したとみなします。回答送信後に同意を撤回することはできませんのでご了承ください。
調査結果は、パスワードで保護された電子媒体に保存し、調査者のみアクセスできるようにします。データは厳重に保管し、調査終了から5年経過後に全て処分致します。また、結果は本学HPで公表しますが、本調査の目的以外で結果を使用することは一切致しません。

以上

 大学および同窓会活動に関心をお持ちの方は、以下のQRコードからお名前と卒業・修了年度、ご連絡先(住所、電話番号、メールアドレス)を入力くださいますようお願い申し上げます。個人情報は(株)サラトに委託し管理いたします。


大学・同窓会活動用
QRコード
【 お問い合わせ先 】  
調査者:日本赤十字北海道看護大学 将来構想検討チーム
チーム長 山本 美紀  
TEL 0157-66-3311(代表) 
共催:日本赤十字北海道看護大学同窓会 

令和4年度 日本赤十字北海道看護大学同窓会 第11回総会(ハイブリット形式)議事録


令和4年度 日本赤十字北海道看護大学同窓会
第11回総会(ハイブリット形式)議事録

日 時:令和4年7月2日(土)17:00~18:00
場 所:日本赤十字北海道看護大学 講義・演習棟2階 講義室2-3
参加者:現地:18名、Web:3名

Ⅰ.開催にあたって
 参加者に対し事務局より開催のあいさつおよび本報告会に関する概要が説明された。

Ⅱ.報告事項
 1.第11回同窓会総会回答書集計結果

 総会規則第16条に基づき、第1~3号議案がすべて承認されたこと、本内容はすでに事務局・役員会において確認、報告されていることが報告された。詳細は以下の通りである。

 紙面発送部数940通のうち、回答書の返送があった会員126名、未回答会員814名であった。上記総会規則に基づき814名の会員はその権利を放棄したものとする。126名の回答書内約は以下のとおりである。

第1号議案「令和4年度活動計画」 承認126 反対0
 意見:あり ※詳細は、審議事項1)回答意見書への返答を参照のこと
第2号議案「令和4年度予算案」  承認126 反対0
 意見:なし
第3号議案「令和4年度役員選出」 承認124 反対0 未回答2
 意見:なし

2.令和3年度活動内容について

 黒森会長より、令和3年度の活動内容が報告され、承認を得た。

3.令和3年度決算報告

 事務局会計担当の浅野氏により令和3年度決算案について報告され、西済監事より、令和4年6月23日に監査を実施し会計帳簿、預金通帳等の関係書類を照合の結果、相違がないことを確認したと報告あり。承認を得た。

Ⅲ.審議事項

 1.第1号議案「令和4年度活動計画」について

1)回答書意見への返答

意見:卒後の動向調査について。動向を把握して何に活用する考えか。

回答:本調査は大学の将来構想チームとの共催になるため、チーム長の山本美紀先生より説明頂いた。
本学は開校24年目を迎え、今年3月には本学看護学部看護学科の卒業生が2000名を超えた。本学の教育を受けた卒業生は、現在どのように活躍しているのか。また、同窓生の皆様に関しては、そのキャリアを活かし同窓会活動に協力して頂くことで、本学のこれからの発展に寄与する目的で実施いたします。

 2)大学運営について

河口学長:今後の大学運営について同窓会に協力いただきたい。

回 答 :すでに同窓会としては平成30年度より「事業積立金」として毎年30万円ずつ積立をおこなっている。今後の大学の発展に関して同窓会の協力が必要な場合は、前向きに協力していきたいと考えている。しかし、協力方法に関しては、その都度役員会議などで検討していきたい。

上記の内容を踏まえて第1号議案について承認を得られた。

 2.第2号議案「令和4年度予算案」について

質問:予算にある「事業積立金」は別口座で管理しているのか。現在の累積額がわかるようにした方がいいのではないか。

回答:事業積立金は、ゆうちょ銀行に積立貯金をしている。今後は累積額がわかるよう、活動内容に記載していくようにする。

上記の内容を踏まえて第2号議案について承認を得られた。

 3.第3号議案「令和4年度役員選出」について

質問・意見なし。第3号議案について承認を得られた。

 4.その他

意見:会則の第6章20条2)、第7章第21条2について、顧問、名誉会長共に「役員会」に出席と記載されていますが、実際は、総会に出席されており、役員会に出席することは過去にもなかったように記憶しています。そのため、実情に合わせて総会と改定するのはいかがでしょうか。

上記意見に対して、反対意見なし。会則を改定することとなった。

Ⅳ.その他

 1.同窓会顧問について

 本同窓会の顧問を長年務めて頂いた石崎顧問と西片顧問について、特任教授になられて数年が経過されたこともあり、令和3年度で退任頂くこととなった。新顧問には、役員会で協議の結果、山本美紀先生に依頼し、内諾を得たため、令和4年度より山本美紀教授を顧問とさせて頂くことが報告された。

文責:的場

令和4年度 入学式


2022年4月5日、令和4年度入学式が行われました。
看護学部 看護学科に119名
大学院 看護学研究科 看護学専攻 修士課程に9名
計128名の方が入学されました。
皆さんおめでとうございます🌸

そして、同窓会にもたくさんの方が入会してくれました。
同窓会新加入者への特典として配布させていただいている、トートバックも無事に完成し新加入者の皆さんにお渡しすることが出来ました✨

色は2種類(アイボリー、ライトグレー)から選んでいただき、
今年はアイボリーが人気でした🎵

本学のInstagramでトートバックが完成した記事を投稿したところ、
在学生から「私たちも欲しい!」との声が多数あり、
今後、本会員のうち希望者の方々には販売していくことも検討しています。

同窓会への入会は、今後も引き続き受け付けておりますので、事務局員にお声掛けください。

令和3年度 学位記授与式


2022年3月9日に令和3年度の学位記授与式が行われました。
皆さん、おめでとうございます🌸
同窓会より記念品の贈呈と、修了生の皆様へアカデミックガウンの貸し出しを行いました。

卒業生の皆様は新型コロナウイルスの影響で、サークル活動や大学祭が中止になったり、実習前や国家試験前も自粛生活を送り、想像していた大学生活とは少し違っていたかもしれません。修了生の皆様は、仕事と学業の両立、たった一人での実習など大変なこともたくさんあったと思います。
そんな日々を乗り越えてきた皆さんの笑顔はとても素敵でした。

今年度で本学の看護学部看護学科の卒業生が2000名を超えました✨
たくさんの仲間たちが全国各地で頑張っています。

皆様、時々近況報告に来てくださいね。待ってまーす(^^)/

第2回トートバッグ検討会を開催しました


こんにちは!同窓会事務局 4期生の藤谷です。
先日、2回目のトートバッグ検討会が開催されました。

ベースになるトートバッグの形はこちらに決定しました。

マチがあり、内ポケットがついていることが決め手となりました!
学生さんが入れるファイルやテキストが縦でも横でも収納できる所もgood!!

カラーは、個人的にはサンプルのブラウン推しですが…
「実習で使うことを考えよう」
「清潔感のあるカラーがいいよね!」との声が挙がり
トレンドのライトグレーと定番のナチュラルにしました!

デザインロゴも、デティールにこだわりましたよ~
「もう少し大きめのフォントで!」
「アルファベットは大文字がよい?」など…

沢山の学生さんに愛されるバッグになることを祈っています。
デザインが決定したらまたお知らせしますね!
お楽しみに…♡

トートバッグ検討会活動開始!!


こんにちは 同窓会事務局4期生の藤谷です
以前から募集していましたトートバッグ検討会のメンバーですが…
なんと なんと!
在校生4年の石川栞さん、武富桃花さん
卒業生の津田真里奈さん、修了生の天谷美紀さんがメンバーになってくれました!
4人とも忙しい中本当にありがとうございます

さっそく11月25日に集まって、ワイワイと意見交換をしました
業者さんからサンプルをいくつか取り寄せていたので
「こっちはL.〇.Bean風じゃない!?」
「これはダ〇トンみたいなタグが似合いそう!」
「これにポケットがあったら良いよね~」など夢が膨らみました
「これ、実習じゃなくて自分が普段使いに欲しいな~」とか言ってみたり…

タグをつけたり、プリントしたりできるので、
次回はどのようなデザインにするか、何色がよいかなど検討していきます

いくつか案ができたら本学のInstagramで皆さんの意見を聞けたらよいな~なんて思っています

進捗状況をHPでもお伝えしていきたいと思いますのでお楽しみに~!!

令和3年度 日本赤十字北海道看護大学同窓会 第10回総会(紙面開催)報告会議事録


日 時:令和3年10月21日(木)11:00~12:30
場 所:Web会議(Zoom)

参加者:岩本知帆、黒森尚子、稲葉文、亀田愛子、藤谷未来、的場美恵、種本純一
(順不同)

1.開催にあたって

 参加者に対し事務局より開催のあいさつおよび本報告会に関する概要が説明された。

2.報告事項
1)第10同同窓会窓会紙面開催回答書集計結果

 総会規則第16条に基づき、第1~6号議案がすべて承認されたこと、本内容はすでに事務局・役員会において確認、報告されていることが報告された。詳細は以下の通りである。

 紙面発送部数947通のうち、回答書の返送があった会員145名(回答率15.3%、有効回答率100%)、未回答会員802名であった。

 上記総会規則に基づき802名の会員はその権利を放棄したものとする。145名の回答書内約は以下のとおりである。

第1号議案「令和元年度決算報告」 承認145 反対0
 意見:なし
第2号議案「令和2年度決算報告」 承認145 反対0
 意見:なし
第3号議案「令和3年度活動計画」 承認145 反対0
 意見:なし
第4号議案「令和3年度予算案」 承認144 反対1
 意見:あり ※詳細は、審議事項 1)回答書意見への返答 を参照のこと
第5号議案「令和3年度役員選出」 承認145 反対0
 意見なし

2)第3号議案「令和3年度活動計画」について

 第3号議案「令和3年度活動計画」が承認されたことを受け、オリジナルトートバック作成事業、大学院パンフレット等による大学への協力について報告された。

3.審議事項
1)回答書意見への返答

 回答書意見への返答については、以下の内容を同窓会ホームページ上にアップすることが報告された。

意見:「維持管理費」というのは今年度もHP年間保守契約料が含まれるということでしょうか。また、そのHPというのは「日本赤十字北海道看護大学同窓会」というページでしょうか。みたところ更新が滞り「意思の疎通を続ける」という目的は果たされていないように思います。そもそものニーズと時代に合わなくなってきているように思います。

回答:貴重なご意見、ありがとうございます。維持管理費につきましては、仰るとおり日本赤十字北海道看護大学同窓会ホームページの年間保守契約料に含まれております。
更新につきましては、コロナ禍により多くの大学行事が中止になっていることも理由としてあげられますが、事務局としても十分広報活動に取り組めていないと認識しております。今後の対策としては、広報専門担当者を決定し、会員の皆様と広く意思の疎通をはかれるような企画を立案、実施し、ホームページの内容を充実させていこうと考えております。また、ご指摘のとおり、ニーズに合った周知方法についてTwitter、Instagram等SNSの活用も含めて検討していきたいと思います。

意見:卒業生のインタビュー、ありがとうございました。私が見せる前に、上司が「これ、○○さんでしょ!?」と教えてくれました。母にも見せるととてもよろこんでくれました。尾栢さん、藤谷さん、お世話になりました。

回答:同窓会に関わる者として、大変嬉しく思います。今後もこのようなコメントをいただけるような活動に取り組んでいく所存です。今後ともご協力のほど、何卒宜しくお願い致します。

意見:学位授与式では、アカデミックガウンをお借りしました。ありがとうございました。

回答:喜んでいただけたこと、大変嬉しく思います。修士・博士課程修了生へのアカデミックガウンの貸出しは、今後も継続していく予定です。今後ともご協力のほど、何卒宜しくお願い致します。

意見:役員の皆様、よろしくお願いします。

回答:応援いただきありがとうございます。今後ともご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。

上記の報告を受け、参加者より以下の意見があった。

2)報告会で出された主な意見
①同窓会活動の周知方法について
・利用率が高いInstagramを使用した周知活動を行う。その際は、大学の広報委員会と連携しながら同窓会とその活動を定期的に発信していく。またInstagramを利用するにあたっては、なるべく多くの方に観覧してもらえるようなハッシュタグを用いる。
・大学のInstagramに同窓会ホームページのリンクを貼ってもらう。また、ホームページの新規投稿が見にくいため、よりわかりやすくなるよう委託業者(ローヤル企画)へ依頼する。
・同窓会の広報は、あくまで同窓会の活動(記念品の贈呈や大学祭での行事等)を取り扱うことになる。そのため、大学側のInstagramとの一本化を目指すのではなく、まずはホームページのコンテンツを充実させたうえで、大学のInstagramで同窓会を宣伝させてもらうといった方法が有効なのではないか。

・広報担当者を2名(日々の投稿と大学行事に分ける等)決定し、年間行事ごとに写真と簡単な記事を投稿する。卒業生が大学に来た際に許可を得ることは大前提だが、大学の先生方に周知し、卒業生が大学に来た際には写真を撮ってもらい、ホームページに投稿してもよいか許可を得てもらう。

②同窓会事務局・役員の運営について
・事務局・役員を引き受けてくれる会員がおらず、役割を交代することができない。そのことが、同窓会活動に対する意識の低下につながっているのではないだろうか。
・規約、規則的に問題ないのであれば、事務局員と役員に対し報酬を支払うことはできないか。町内会活動や、一般的に同窓会に類似する組織においても役員費や会議費など報酬が用意されていることから、今後検討してみてはどうか。
・事務局の業務で、外部に外注できることがあれば検討してみてもよいのではないか。
・本学の同窓会は創立してからの歴史が浅いため、いまだ手探りでの運営となっていることから、業務の外注は難しいのではないか。卒業生が同窓会を運営していくというスタンスは維持していく方が良いのではないか。

・事務局・役員の想いといったこともホームページ上等で発信していけるとよいのではないか。より多くの会員に同窓会活動についての理解をもとめ、事務局・役員の役割を担ってもらうためには、今後も卒業していく在学生たち(特に同窓会活動に参加していただけそうな方々)とつながっておくことが重要である。

以上の意見を踏まえ、次回役員会では以下の議題について議論していくことが決定された。

4.次回役員会での審議事項
1)同窓会活動の周知方法
2)大学広報委員会との連携
3)広報担当者の決定および活動計画
4)次年度以降の事務局役割
5)役員・事務局報酬
6)業務委託の検討
7)今後の卒業生への依頼方法

近日中に種本事務局長が役員会の日程調整を行うことで了承された。

文責:種本

令和3年度 第10回同窓会総会(紙面開催)回答書集計結果


1. 集計結果

 紙面発送部数947通のうち、回答書の返送があった会員145名(回答率15.3%、有効回答率100%)、未回答会員802名であった。総会規則16条に基づき802名の会員はその権利を放棄したものとする。145名の回答書内約は以下のとおりである。

第1号議案 承認145 反対0

意見:なし

第2号議案 承認145 反対0

意見:なし

第3号議案 承認145 反対0

意見:なし

第4号議案 承認144 反対1
意見1:「維持管理費」というのは今年度もHP年間保守契約料が含まれるということでしょうか。また、そのHPというのは「日本赤十字北海道看護大学同窓会」というページでしょうか。みたところ更新が滞り「意思の疎通を続ける」という目的は果たされていないように思います。そもそものニーズと時代に合わなくなってきているように思います。

意見2:卒業生のインタビュー、ありがとうございました。私が見せる前に、上司が「これ、〇〇さんでしょ!?」と教えてくれました。母にも見せるととてもよろこんでくれました。尾栢さん、藤谷さん、お世話になりました。

第5号議案 承認145 反対0
意見1:学位授与式では、アカデミックガウンをおかりしました。ありがとうございました。

意見2:役員の皆様、よろしくお願いします。

以上から、本回答をもって第1~5号議案はすべて承認された。

文責:種本

オリジナルトートバッグ作成メンバー募集!



 同窓会では、ここ数年、入会特典として実習にも使えるトートバッグをプレゼントしていました。しかし、チラホラと在学生から「もっと大きいバッグがいいな…」「ポケットがあったらうれしい」などの声…。

 毎年、事務局員も「どのトートバッグにしようか」と検討するのですが、なかなか理想のバッグに巡り合わなかったり、ようやく理想のバッグにたどり着いた!と思ったら欠品で断念せざるを得なかったり(トホホ…)。

 そんなことなら、皆の意見を聞いて理想のバッグを作ろうじゃないか!と今回の企画が挙がりました。せっかくオリジナルのトートバッグを作るので、これまでバッグを使ってみてどうだったか、これから実習で使うとしたら…などたくさんの意見をいただきたいと思います。

 在校生の方たちは卒業生と交流できるので、働いたらどんな感じか聞けるチャンスです!

 可能な限り予定調整をし、気軽に参加できる環境に努めます。まずは、藤谷(fujiya@rchokkaido-cn.ac.jp)まで気軽にご連絡ください♪

同窓会事務局員 藤谷

第10回総会報告会(Zoom)が開催されました!


 10月21日に、Zoomで総会報告会が行われました。

 参加希望をいただいたものの、急な勤務変更や調整がつかず惜しくも参加できない方もいらっしゃいましたが、事務局・役員を含めて7名の方に参加いただきました。

 事務局長からの総会報告について沢山の意見が出され、活発な会議に発展しました。総会、及び総会報告会については、近日中に議事録をupしたいと思いますので、そちらをご参照くださいますようお願い申し上げます。

 Zoomが普及し、遠方にいる会員の方々とも気軽に交流できるようになったと実感しました。新型コロナウイルスの影響で交流会が開催できずにいたので、今後はZoomも活用しなにかできることがないか考えていきたいと思います。今後とも宜しくお願い致します。

同窓会事務局員 藤谷